アプリ開発はアイアプリ株式会社(Iapp corporation)にお任せ下さい!

アイアプリ株式会社 電話番号
アイアプリ株式会社 ホーム アイアプリ株式会社 会社概要

bigdataの基礎知識と活用事例~アプリやシステムの開発・運用・保守は【アイアプリ株式会社】へ相談を~

bigdataとは?~基礎知識と活用事例~

bigdataとは?~基礎知識と活用事例~

bigdataについて共通する定義はありませんが、簡単に説明すると大容量のデジタルデータを指します。ただ単にデータ量が多いだけでなく、近年の目覚しいインターネット普及と、IT技術の進化で生まれた非構造化データ・非定型的データのことを言う場合もあります。

こうした「大きいデータ」「多様なデータ」の他、bigdataを解析することでビジネスに活かす「システムや仕組み」という意味合いもあります。つまり、「bigdata」という言葉には主に3つの要素を含んでいるのです。

近年では、このbigdataをビジネスに活用する企業も増えてきました。あらゆる情報やデータは、実際の活動によって生み出された結果のため、経営資産の人・物・金と同じ価値があると言えます。実際にbigdataを活用している企業としては、無料アプリで蓄積したデータを軸に広告ビジネスを行う大手検索サイトが挙げられます。

また、膨大な会員データを基に、広告やソフトウェア販売で利益を上げるソーシャルメディアもその一つです。そしてECショップでも、会員データや購買履歴、クリックストリームなどで得たデータから「あなたへのおすすめ」を表示し、購買意欲を高める工夫を行っています。

従来のシステムとbigdataの区別

bigdataの特徴は、従来のシステムと比べてもデータの種類が多いことにあります。これまでのデータ分析では、データベースに登録された構造化データのみを使用していました。

構造化データとは、基幹システムから発せられる数値や文字列といった決まりのあるデータのことです。しかし、bigdataで扱える非構造化データでは、文章や音声、動画、電子メールのデータ、各種センサーや機器から発するデータなど、社内のみならずインターネット上のデータもすべて含みます。

従来のDWHシステムも非常に大容量でしたが、主に構造化データを中心としており、更新頻度もそれほど高くありませんでした。そんな中で、bigdataは大容量で非構造化データの取り扱いが可能、加えてデータ更新も高頻度なシステムとして注目を集めているのです。

bigdataの活用を検討する企業様はシステムの開発・運用・保守を行う【アイアプリ株式会社】へ

bigdataの活用を検討する企業様はシステムの開発・運用・保守を行う【アイアプリ株式会社】へ

bigdataの活用を検討する企業様は、お客様のベストパートナーとして高品質なサービスを提供する【アイアプリ株式会社】をご利用ください。様々な業種のシステム開発やITサービスを提供しております。

長年にわたるセキュリティ、サーバー、アプリの開発・運用保守まで携わってきたノウハウを基に、皆様にとってより良い業務環境をご提供いたします。

お役立ちコラム

bigdataの活用をお考えなら【アイアプリ株式会社】へ

会社名 アイアプリ株式会社
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田2-5-10 神田NSOビル3F
電話番号 03-3526-2991
URL http://iapp.co.jp

↑ PAGE TOP